一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

経営者になろうと思ったきっかけは“人との出会い”でした。

30歳をむかえるとき、そろそろ落ち着こうとここを最後の会社にしようと決めた会社が、将来の自分の在り方を考えさせるきっかけとなりました。

 

その会社は、会社の規模もそれなりに大きく、福利厚生もしっかりしていて、職場もほのぼの仲の良い環境。私が会社定年までは存続すると思われるような会社で、努めてすぐは仕事も家庭も両立していける基盤を見つけたと思っていました。

 

ところが、条件も環境も申し分のないはずなのだけど、

会社がある程度ちゃんとしていて、贅沢を言わなければそれなりに心配なく食べていける。

そういう安心感があるからか、社内の会話が仕事の内容ではなく遊びに行く内容。。。

 

それまで務めてきた会社は会社の規模の大小関わらず、会社や部の存続の危機感があり、会社の売り上げを伸ばすこと考えて仕事をしている人がほとんどで、仲はいいけれど仕事の衝突はある、仕事とプライベートのオンオフがはっきりしている会社ばかりだったので戸惑いと同時に、このままでは今の自分から成長できなくなるという不安を感じました。

とはいえ、そろそろ落ち着いた方がいい。。

結局自分に出来ることを増やしたくて転職を繰り返し、給料も上がってはいったものの、またここから上げていきたいと思ったら転職をし続けるしかないのか??

それでも上がる幅にも限界があるだろう。。

結局自分の実力はこんなもんだと思って大人しく家庭に入ることを喜びとしようか。。

 

いろんなことを考えたけれど、結局仕事も家庭も捨てられず、どちらかだけという選択は考えられませんでした。

そこで考えたことは、会社の仕事が楽になったことをプラスにとらえて、その今まで会社に費やしてきた時間を今度は自分の副業の時間に当てるということでした

そこでせっかくなら好きなことで資格をとって仕事になりそうなことと思い、勉強してみたのですが、結局自分で思いつくのは技術があがっても費やす時間も出来る仕事量も限界があるものばかりで、そこから発生する収入にも限界を感じ、結局自分で出来ることはこんなところまでで、稼げる人は才能あってのことなのだから、身の程を知れということなんだと自分で何かをやっていくことを諦めかけていました。

 

そんなとき友人から同世代の経営者を紹介すると言われ会ったのが今の恩師でした。

自分より1歳年下の同世代の人間が会社を持ち、いくつもの仕事に携わりながらも家庭も持っている。

そしてそのときその方から、

『自分で仕事をしているから、仕事をする時間も場所も自分で決めることなので、もっと稼ぐことも出来るし、これから子供ができたとしても子供と一緒にいる時間をいくらでも作ることができる』

という言葉を聞いて、私が欲しい状況がここにある!と思いました。

そして、その経営者の方に

『私も20代、できる限りのことをしてきたと思う。なのにこの結果の差はなんなのですか?』

と聞き、

かえって来た言葉は

『努力をしてきたことはお互い変わらないかもしれない。ただ違いは努力の方向性だ。やってきたことが得たい結果に結びつくような努力だったのかということ。結果には必ず原因がある。欲しい結果のために効果的な努力をしてきたかどうか。』

 

ごもっともな意見だけれど、私だって良かれと思うことをしてきたわけで、

その目的にあった努力がわかれば苦労しないわ!と思いつつ、

『誰だってよくありたいと思っている。でもその思うことに結びつくのかはやって結果を見てみないとわからないわけで、可能なら私だってあなたのような結果がほしい。どうしたらそれを得られますか??そもそも私にも出来ると思いますか??』

と聞いてみました。

 

そしてかえってきた言葉は

『僕にも出来たのだから出来ると思うよ!僕がやってきたのは自分が欲しい結果を得ている人から一つ一つ教わってきただけ。』

 

私にとって知っている人の中で一番欲しい結果を持っているのがその方だったので、それなら取るべき道はひとつ、その方に教わること。

『私にいろいろ教えてほしい』

と伝え、そこから師弟関係が始まりました。

 

ここまでいろんなことがあったものの、やっと少しずつ形になってきたところかなと思います☆

 

また次の機会で教わってきたこと、やってきたことをシェアできたらと思います☆

ここまで長々お付き合いありがとうございます!!

 

お店にも、是非遊びにきてくださいね^^

品川の雑貨屋さんZaCca

https://www.zacca-shinagawa.co.jp

 

株式会社Space 代表高坂 裕子

https://www.space-ltd.jp

 

24歳、社会人初となる会社として選んだのが、オーダーキッチン・オーダー家具の社員数10人に満たない会社でした。

一つの会社に骨を埋めるのが当たり前!と思っていた私が1年ずつ仕事を変えていくきっかけとなった会社です。

他人よりも社会人の遅れを取っていると思っていた自分にとって、経理のことから営業、設計、現場まで休みなしでも仕事があふれ経験できる状況はありがたく、日々直面することがあるもののやりがいがあり楽しくもありました。

 

ただ、なかなか会社は収益があがらず、それまで蓄積した負債に日々頭を抱えている状況。

それでもどうにかしようと社員全員が奔走。

今考えると10社くらい経験した中で社員の会社への想いはここがダントツだったなぁと。。

自分が会社を持ってみてその凄さを感じます。

そこまで思っていた会社をなぜ辞めたか??

 

あのときの私は家に帰っても、遊びに行っても、どこでも仕事のことを考えていたなと思います。

会社の状況から言って悠長にしていられない。

一番何も持っていない自分だからこそ、一番成長の振り幅が大きく、小さな会社にとってはその影響力が大きい。

 

とはいえ、思いつくことはすぐにしてきたけれど、その都度感じること。。

地盤がないなかでの上積みは長くは持たない。。

そしてこのままでは会社と一緒に自分も倒れると思いました。

 

私は営業に行かせて頂くなかで、自分の見えている世界の狭さ、社会においての未熟さ、人間力不足を感じていました。

そして、この部分の成長が自分には必要だと思いました。

 

今でもそうですが、私はちゃんと考えて行動するとは思っているものの、考えるのに時間をかけても結論は変わらない。

長く時間をかけるだけ、やらない理由を探すだけだと思っています。

ということで、やることは一つ、まずは転職♪

“もっと社会を知り、自分の現状の立ち位置を知る”をテーマに転職を決めました。

そしてもしご縁があって必要としてくれるのなら、またこの会社に戻って今度は戦力の一つになりたいと思っていました。

結局それは叶いませんでしたが、だからこそそのあと出会う今の恩師のすごさを感じたのだと思います。

(恩師との出会いは、次回の『経営者になるきっかけ』でお話しできればと思います。)

 

一度転職をしてしまうと自分の規制が外れて、せっかくだから30歳までに出来る限りの経験をしよう!と思い各会社1年くらいのスパンで都度学ぶ課題を決め転職を繰り返しました。

そんな感じで20代を過ごし30歳を迎えるときには20代やり切った!これから30代も楽しみだと思っていたのですが、なぜか起業の道に?!

 

そのきっかけを次回でお話しできたらと思います。

ここまでお付き合いありがとうございます!!

お時間あるときに見に来て頂ければ幸いです☆

 

お店にも、是非遊びにきてくださいね^^

品川の雑貨屋さんZaCca

https://www.zacca-shinagawa.co.jp

 

株式会社Space 代表高坂 裕子

https://www.space-ltd.jp

 

 

 

初めまして!

株式会社Spaceの代表取締役であり、品川でZaCcaという雑貨屋を経営している高坂です。

 

会社を立ち上げお店をやることになって、最近よく聞かれることが2つあります。

その一つは、

元々企業したかったのか??

もう一つは

昔の私はどんな人だったのか??

ということ。

元々好奇心はある方で、興味を持つことは多かったのかなとは思います。

ただ仕事は楽しんでやりたいとは思うものの、

やりたいことが第一優先というより、それなりにお金が安定していて

やりたいことは趣味で十分楽しめればいいという考えで、

自分で仕事をしていくなんてリスクでしかないと思っていました。

 

なので、一つ目の質問

元々起業したかったのか??

の答えは“NO”

 

そして2つ目の質問

昔の私はどんな人だったのか??

に関しては一言でいうと、“問題児”。

 

中学時代は主要五教科に関して、クラスでビリから最低3番目をキープして、

5段階評価の1を取らないようにだけ気を付けた結果、高校受験は選択肢がない状況。

 

2次募集で何とか行く高校を決め、勉強よりも部活に力を入れていた学校で

今までお目にかかったことのないいい成績を頂いたことで調子に乗り、自分が出来る人と勘違い。

 

その後浪人し、勉強よりも遊ぶことに夢中になり大学を断念、

目的もなく親のすねをかじりふらふらしていた時代を経て、やっと建築業界に就職。

 

社会に出てみて初めて社会の厳しさを感じ、自分の甘さと親の偉大さに気が付き、

自分にもっと力をつけたいと思っていたところに自分の転機となる出会いを頂き今に至る。

 

今経営者になって社長と言われるようになって、偉そうにしている自分を見ると世も末だなぁと思います。。()

でもだからこそ人は可能性の塊だと思っています。

 

まだまだ道半ばですが、それでも箸にも棒にもかからない私がここまでこれた道のりと、

ここから始まる道のりを、このブログを通してお話させて頂ければと思っています。

まだまだ至らないことばかりですが、お付き合いいただければ幸いです。

 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM